スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ぽぽの目の病気と、3度目のアニマルコミュニケーション

ぽぽの目の病気と、3度目のアニマルコミュニケーション

いいお話ではないし、長文になりますが
ぽぽの記録のため 記事にしました。<(_ _)>

ぽぽの目のことで気になることがあったので
眼科のある病院へ予約を入れて診察 検査を受けてきました。

最初 電気をつけた診察室で床におろし 私から離してみても
キョロキョロとするとすぐに私の足元にきましたが

診察室の電気を消すと、その場で背中を丸め動けませんでした。

続いて 眼底検査で、ぽぽの目の網膜をパソコンのモニターに映し出すと
明らかに正常な網膜に比べて、血管が細く 萎縮しているのがわかりました。

眼科の先生は、おそらく「進行性網膜萎縮」だろうとおっしゃり
それを確定させるための検査も受けることになりました。

網膜電図検査
網膜に光刺激をあてた時の電気的な反応記録で
網膜の機能検査を行います。

これがすごく怖かったみたいで、眼底検査で網膜が委縮してしまってるのが
わかったんだから、受けさせなきゃよかったと、後から思いました。(>_<)

この検査の結果
ぽぽの目は、進行性網膜萎縮との診断が確定されました。
人間のように正確な視力はわからないが 暗いところでは見えてなく
明るいところでも、ぼんやり見えているくらいだろうとのことでした。


進行性網膜萎縮とは
網膜にある光を受容する部分に異常が生じることで網膜が徐々に萎縮し
部屋の照明を徐々に落としていくみたいに、数か月から数年かけて
最終的には、失明してしまいます。
治療法は、ありません


詳しくは、こちら

世の中には、命を懸けて病と闘っている人や動物達がたくさんいる
ぽぽの目の病気は、命に係わる病気ではない 痛みはない

頭では少しは理解してるつもりで
受け入れなくては。。。と心では思っても 
でも ぽぽのこととなるとキレイごとのように受け入れ
いずれ失明してしまうことをあきらめられないのです。


今後の生活面のこともあるので、アニマルコミュニケーションの
セッションを受けてきました。
アニマルコミュニケーションのセッションを受けるは、今回で3度目です。

冒頭に、ぽぽの目のことで心配なことがあったから
初めての病院にいって、怖い検査まで受けさせてゴメンね。と
メッセージを伝えて頂いてから、ぽぽに聞きたいことを聞いて頂きました。

その私からのメッセージには
目の前でパチパチ火花が散るみたいで怖かったとのことでした


ぽぽの目は、今どれくらい見えてるの?
霧がかかってるみたいで鬱陶しい

不便なことはある?
霧が鬱陶しくて、払おうとしてもなくならなくて
この霧をとってほしい


見えにくかったら、初めて行くところのおでかけや公園は怖い?
慣れた公園にだけ遊びに行くほうがいい?
おでかけしたい 散歩も沢山したい

自転車の前カゴに乗るのは怖くない?
怖くないよ

秋に、よそにお泊りの旅行に行こうと予定してたけど
ぽぽも行きたい?
もちろん行きたい

ぽぽ お家のマッサージ好きそうやし 最近マッサージのサロンにも
行ってるけど、マッサージそんなに気持ちいい?
気持ちいいよ
お父さんの手は、大きくて温かいし
お母さんは、細部までマッサージしてくれるし
先生のは、トロンとしてくる


そっか それはよかった(^^)

最後に何か言いたいことはある?
最近 お母さんがすごく気を使ってくれてるみたいやから
どないしたんかと思ってた


たぶん 飼い主が気付くのが遅かっただけで
きっとずっと前から、徐々に症状は始まっていたのでしょうね


コミュニケーターさんもおっしゃっていましたが
ぽぽはおでかけも散歩に意欲的で、全然クヨクヨしていないから
飼い主さんが心配し過ぎる方が反対に心配してしまうから
安全面ではもちろん考慮が必要だけど、その他のことが今まで通りで
飼い主さんは、明るくいてあげた方がいいとのことでした。

それに慣れた日常生活では、今のところ支障がないように見受けられます。
わんちゃんて、ホントに逞しいのですね。

実は、失明してしまったわんちゃんと3週間だけですが
一緒に暮らしたことがあるのです。

先代のコロンが亡くなって、ぽぽが来るまでの間
里親募集中の子を、一時預かりで
目が見えてないことは預かる前に聞いていましたが
(仮名)ゆきちゃんは、耳も聞こえてない様子でした。

でも ゆきちゃん 来た初日
当時住んでいた奈良の家のLDKをクンクンしながら1周しただけで
それからはまるで見えてるみたいに、サークルから出てきて
部屋の中をウロウロ探検したあと、
上手にサークルの中に戻るんです。

ゆきちゃん 懐かしいなぁ(^^)
伸び~しながら、サークルから出てきていました。
yuki30_p.jpg

yuki19_p.jpg

yuki23_p.jpg

ゆきちゃん 冬の寒い季節に皮膚炎の治療後で被毛が薄くなっちゃって
部屋の暖房で暖めて、サークルにわんちゃん用の床ペットを入れてあげたら
気にいったみたいでした。(^^)
yuki28_p_201408081406270dd.jpg

シャンプーしてあげたら、白い被毛に輝きが増して
yuki27_p.jpg
ゆきちゃんの真っ白な被毛に癒され
その時に、「あぁ 私は白いわんちゃんが大好きなんだなぁ」と気づき
そののち 里親募集に出ていたぽぽに惹かれたのも
ゆきちゃんのことがあったからだと思います。

心ない人間に酷い目にあわされ 目と耳のことがあったのに
小さな身体で、生きるエネルギーに満ちた子でした。
それに 先代のコロンが亡くなる前 あんなに食いしん坊だったのに
何も食べれなくなって、大袈裟かもしれないけど
こんなに悲しいことがあるのか。。。くらいに思っていたから
ゆきちゃんがガツガツ食べてくれるのが、すごく嬉しくて
ゆきちゃんには、本当に色んな意味で励まされました。

ゆきちゃん あの時 悲観などせず、強く生きることを教えてもらったのに
ゴメンね。

医学的には治せないと宣告されましたが
白内障予防のために、目のサプリをご飯にふりかけて
定期的に遠隔で、ぽぽの目を中心に、ヒーリングを受けさせることを
試してみようと思いました。

アニマルコミュニケーションもそうですがヒーリングも
信じるも信じないも、人それぞれだと思います。

でも 私は、信じるものは救われる!
ぽぽの目を暗闇にはしたくない これ以上進行させたくない
出来れば ぽぽの目の霧を取り払ってあげたい
ぽぽの目のために藁をもすがる思いで、試せるものは取り入れ
諦めたくはないのです。


DSC01756 (500x375)
残暑お見舞い申し上げます。
今年の8月は不安定な天気の日が続いているけど
その分 朝晩は少し涼しい日が多いので、ぽぽは夏バテせず
元気に散歩しています。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。